「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

遊学の道Project 2006年11月の活動報告

2006年11月11日~12日


 今回はYMPの定例活動初参加!過去に水土里の森林づくり(MDRYD)の下草刈りと枝打ちに参加したことはあったのですが、定例活動は初めて。分からないことだらけでしたが頑張ってきました。みなさまお疲れ様でした!さて、拙いながらも活動報告させていただきます。

11月11日(土)
天気:朝から小雨。予報では雷雨・・・。活動内容:道の補修
参加者:みゅーさん、塩津さん、しおりんさん、福島からやってきてくれたまゆちゃん、初参加というさだおかさん、あかりちゃん、そしてわたし(モコ) 以上 女子7名!

 活動はできるのかしら?と思いながら電車に揺られ…とりあえず武蔵五日市駅に到着。駅にて福島のまゆちゃんと感動の再会を果たす(彼女とは去年の夏のMDRYD下草刈りのイベントで初めて出会い、連絡を取り合っていたのです)。懐かしのバスに乗り、フォレスティングコテージへ(イベントの時は駅に集合だったので、現地集合というのを直前に気づき、ちょっと焦った)。コテージにて各自持ってきた昼食を取り、参加者同士でおしゃべり。おや、気づけば女の人しかいないですね??「YMP女子部の活動はお茶飲み?」と笑う塩津さん。いやいや、確かに天気もよくないのでのんびりしてしまいました。実際のところ、ここまで女子のみだったのは初だとか(珍しい回に参加させていただきました)。

 天気はどうにかもちそうだということで、着替えてようやく山へ出発。道具はトンガ、つるはし(?なんでしたっけ?)、カケヤ、手ノコ、ナタを分担で。今日は道の補修だそうです。途中、川で道具を濡らす。柄の木の部分を水分で膨らませ、先の金属部分が抜けないようにするためだそうです。へぇ~。

 霞がかかって幻想的になった山下を眺めながらてくてく歩いた後現場に着き、作業開始。まずは補修する部分の土留め(でいいのかしら?)用の丸太を確保。以前間伐したものでしょうか?横たわる材木の小さな山から運び出す。雨が降った後なので重い、重い。結局乙女チーム全員で力を合わせて運びました。材木が確保できたらうまく道に沿うように向きを変えたり鋸で切ったりしながら仮配置。隙間が開いてしまった部分は大きめの石で固定。細めの材から杭を切り出し、斜めにカケヤで打ち込む。その後道の部分の土を平らになるように掘ってならし、完成。

 道はそのままの状態であるものだと思っていましたが、考えてみればそうですよね、落ち葉が溜まれば道の丸太は腐りやすくなるし、土が流れてしまうこともある。こうやってYMPのみなさんが補修してくれていたんだ。どうもありがとうございます。今日はわたしも少しは役に立てたかな。と言っても、こんな初心者のなまっちょろいわたしには、道具を使うのは至難の技。手ノコ、おや、切れるじゃん!と思いきや、なかなか先に進まなかったり、カケヤを振り下ろすのにもフウフウ…。颯爽と作業されるみゅーさんや塩津さんにはただただ感嘆の溜息が漏れるのでした。

 4時にはもう真っ暗になるということで、どうにか作業は終了。そういえば天気はもちましたね。行いがよかったかな。代わりにドロドロになったカッパと軍手で帰路に。(あ、あのカッパまだ洗ってないじゃん、やばいやばい)コテージに戻り、道具の後片付けをして解散。1日目は終了です。

 泊り組は夕食の準備。和楽の練習に来ていた真瀬さんがここから加わります。メニューはポークカレーとほうれん草のサラダ、それから野村家の美味しいこんにゃく!夜食にはみゅーさん特製豚白菜(白菜は野村さんの差し入れ)。そうそう、ご飯は真瀬家の新米でした!ありがとうございます。どれも美味しかったです。前日の食あたりも忘れ、たくさんいただいてしまいました。

 反省会などしていたら、惣次さんや、惣一さん・ちよりん夫妻もぞくぞく参加。YMP参加者と、山に関わる方々でいろいろな話ができました。惣次さんのお話は、いつも深いな~と思うのですが、今夜も考えさせられました。「なんでもねぇ、10年くらいやってみるんだよ。そうすりゃある程度は一人前になるんだから。気づく前にみんな辞めちゃうんだよなぁ」仕事を辞めたばかりのわたしには胸が痛い話でした…(あ、いまは無事に仕事が決まりましたが。惣次さんの言葉を胸に・・・う~ん、どうだろ)。夏にお邪魔した時には、「この木を売ったって一文にもならないよ。でも山は人が手入れをしないと荒れてしまうんだよ」とか、「レベルがねぇ、高いところでやってないと駄目なんだよ。野球だってそうだろう?」と、林業の話から人生の話まで教えてくれましたっけ。

 惣次さんが戻られた後は惣一さん夫妻の台湾林業視察の写真とお話を。台湾は木材自給率が1%未満だとか…。木を切ってはいけないらしく、その代わり観光資源としての森林に力を入れていて、遊歩道などが恐ろしく整備されているらしい。木材自給率20%以下の日本が、「すごいですね」と言われてしまうので、複雑な心境だったとか。そうですよね。日本の林業、なんとかしたいなぁ…(こんなわたしが言うのもおこがましいですが)。

 そうこうしているうちに夜も更け、もう12時。惣一さん夫妻が帰ってからお風呂タイムやら寝る人やら(真瀬さん)。女子だけになったらなんだか修学旅行のように恋愛談義に花が咲き、気づけば3時半を回っていたのでした。おやすみなさい。

11月12日(日)
天気:快晴! 活動内容:アジサイの移植
参加者:みゅーさん、真瀬さん、なつさん、まゆちゃん、あかりちゃん、わたし以上6名+大御所 惣次さん

 7時に起床。前日遅かったので眠い、そして寒いので起きるのがつらい・・・。みゅーさんはもう朝ご飯の支度をしてくれている。あぁ、ごめんなさい。身支度をして、手伝えるところはお手伝い。朝ご飯のメニューは野菜入りコーンスープ、桧原村(?)のパン、昨日の残りのカレー。そしてお弁当として持っていくおにぎり用のご飯を炊いて、ゆで卵、きゅうりの漬物を作る。朝ご飯を食べ始める頃に、5時台に起きて来たというなつさんが到着。う~ん、すごい。

a0079265_03043.jpg 9時過ぎには山に出発。今日の作業はアジサイの移植。道具はトンガ、つるはし(?)、スコップ。今日は天気がいいので山の景色が映える。残念ながらまだ紅葉はあまりしていないみたいだけれど。コテージ脇の「めぐすりの木」は赤色ですごく綺麗でした(面白い名前ですよね!初めて知りました)。現場に着くと、すでに惣次さんは一仕事終えた感じ。移植するアジサイに印をつけてくれていたようです。この場所に林道が通るため、来月までには該当部分の木やアジサイを切るんだそう。そのための移植です。林道が入るということは、伐り出した材を運び出しやすくなるし、より多くの人にこの森を知ってもらうことができるけど、荒れてしまいやしないかと、少し心配。この風景も見納めか…。

 さて、気を取り直して作業開始。アジサイの根っこの周りをスコップやトンガで一周。長すぎる根っこを切ったところで引っ張ると、するっと土から抜ける。根っこに若干土を残した状態で移植木の完成。二人一組で作業。惣次さんがやるととてもうまくできるのに、自分がやるとどうもうまくない。無理に引っ張って抜くと土がほとんどついていない状態で抜けてしまったり。さながら「おおきなかぶ」状態ですが(絵本のね)。

a0079265_033626.jpg まずまず順調に移植木の引き抜き作業は終了し、早めのお昼ご飯。
 じっとしていると寒いので、惣次さんが焚き火をしてくれました。スギの葉っぱよく燃える~。広葉樹の、(名前を教えてもらったのに忘れてしまった)油の多い枝を入れるといいとか。山で焚き火なんて素人がやったら危ないですね。さすがです!それにしても火は和みます。と・・・ウトウト・・・。ありゃりゃ、昨日の寝不足が…。いかん、いかん、午後もがんばらなきゃ。
食後は先ほどの移植木を別の場所に植える作業です。穴を掘って移植木を入れ、土をかぶせて足で踏み、よく突き固める。これがポイントらしいです。昨日の力仕事に比べれば、今日の作業は爽やかにできました。天気もいいし。どうにかこうにか時間内に全てのアジサイの移植を終え、満足感のうちに終了。

 コテージに戻り、急いで片付け、なんだかんだでバスの時間が・・・。惣次さんにろくすっぽ挨拶もできずにバスに駆け込んだのでした(間に合ってよかった)。

 今回定例活動初参加。いろいろありましたがとても面白かったです。長くなりましたが、これにて報告終了。また遊びに(いや仕事に?)行きます!

(文:大澤朋子)
[PR]
by YMP_Log | 2006-11-11 12:34 | 定例活動の報告

2006年10月の活動報告を掲載いたしました。

石山さんが書いた2006年10月の活動報告を掲載いたしました。
[PR]
by YMP_Log | 2006-11-03 00:15 | webサイトの更新履歴