遊学の道Project 2007年4月の活動報告

2007年4月14日

 この時期山々の黄、緑、茶、赤、白と様々な色が足早に変化し、豊かな表情を見せる。やわらかく心を落ち着かせ、生の喜びを感じさせるとてもステキな景色だ。巷に溢れる多くのテレビ、ラジオ、チラシ、雑誌、ネット等の情報伝達より自分の目で見る山々の変化は心を動かし、励まし、元気をもらう。

 前日の夜、石山さんから「塩津さん土曜日参加」のメールが届く。もし1人だったら、予報では天気は良くないようだから日曜日にしようかと思っていたが、塩津さんが来てくれるそうなのでよかった。

a0079265_22501971.jpg 当日は晴れ、いつのものように五日市11:49のバスに乗り、田中家の前へ着くと、伊藤君が駐車場にいて、「惣次さんが、田辺さん遅いなぁ、とさっき話していた」という。会う約束もしていないし、変だなぁと思いながら中に入ると田中さんが出てこられたので、「今日は2人だから作業はやっても捗らないから、調査しようと思います」というと、「林道の下の方に行く道が出来てないからそこだけつくって」と頼まれ、「現場を見て何とかします」と応えた。まずはテントの下で昼食を取ることにした。しばらくして田中さんが来て、「今日はこれから親戚の見舞いに八王子へ行って、そのあと選挙の応援に福生に行かなければいけない」と言われた。相変わらず忙しいようだ。

世間話をしていると、駐車場に見慣れない人が現れ、こちらに向かって来られた。東京新聞のカメラマンで「取材に来た」という。田中さんの取材だろう、僕には関係ないと思いながら3人で話していると塩津さんが現れ、「杉の樹皮で草木染めをしたいから、杉の樹皮を採りに来た」という。1人ずつテーブルに集まり増えていく。程なく東京新聞の女性記者が現れ、取材の目的を語る。「周りの人を巻き込んで、活動し活躍されている方を取材していて、今回田中惣次さんとそこで活動しているグループを取り上げたい」という。先週田中さんから「日曜日に東京新聞がYMPの取材に来たいと言ってきているが、YMPの参加人数が少ないと寂しいから断らなければなぁ」と言っていたが、よもや参加者2人で取材されるとは思っていなかった。様々な人が自分の思惑と違う展開に戸惑う。まあ、せっかく来られた東京新聞さんの取材に応えようというような空気になった。

a0079265_22464978.jpg 急遽田中さんと引き立て役の我々2人、取材のカメラマン、記者の計5人で遊学の森に入り、工事完了したばかりの林道手前の作業現場に向かう。林道開設の為に伐倒された杉の残材である枝、葉の上に残土が被せられ、まるで土砂災害復旧工事の有様である。整備内容は林道整備のため崩されて通れなくなってしまった既設山道から林道へ上がる道づくり。先頭に田中さん、次に僕、塩津さんと並び、トンガで道をつくる作業を前方からカメラマンが撮影する。8mほどなのでわけなく出来るが、カメラマンの要求もあり進みはゆっくりだ。山道に路肩に石を並べ、土を踏み固め、4ヶ月ぶりに復旧。撮影が終わったかと思ったら記者の注文があり、今度は斜面上で作業しているところを下から取ることになった。ようやく撮影は終わり、田中さん、カメラマンは帰られる。


 
取材は終わったと油断していたら、記者がなんと僕に取材に来た。どうしてこの活動をすることになったのか、田中さんをどう思うか、どうして山仕事をするようになったのかを聞かれた。その後、塩津さんに聞きに行かれ、取材が終わるとカタクリが近くで咲いているから見るよう勧める。塩津さんと3人でカタクリの路に行くとカタクリの花はほぼ終わり、結実していたが、1輪紫色の花を咲かせているのがあった。

a0079265_22483365.jpg 記者も帰り、「じゃあ、予定の調査をするか」というと塩津さんは「体の具合が悪く熱もあるから、ここに来た目的の杉の樹皮を採ったら帰る」という。僕は、せっかく調査に来たのだからと皮むきを少し手伝ったのち塩津さんと別れ、山の中へ向かう。カタクリの路の近辺で植物の年間の変化をみるため、わかる植物の名前付けを行う。その後、お昼に田中さんに調査用の地図で「山の尾根にこぶの谷間があるが昔笹野から来る時そこを通っていた」と教わった場所を確認のため、カエデの横路から尾根に登った。知らない景色だった。雑木が放置され、暗いと想像していたが、尾根の向こうは杉の植林地で最近間伐してあった。道を外れた場所は知らないことばかりだ。帰りは山を林道から下りると前年度施工の路肩にシロツメグサが茂っていた。今回の工事で切り崩された山肌も播種されていたので同じようになるのだろう。

(文:田辺康司) 
[PR]
by YMP_LOG | 2007-04-14 12:34 | 定例活動の報告
<< 2007年の活動予定日を掲載い... 遊学の道Project 200... >>