遊学の道Project 2006年5月の活動報告

2006年5月13日

 雨なのでコテージの壁を塗りました。

 3月、4月と休んでしまいましたが、13日にYMPに遊びに行ってきました。土曜日だけの日帰り参加です。今回は、みゅーさん初日は居らず、参加者3人。相変わらず少ないです。ベーやんと、山井さんとぼく。

 今回来るときに雨だったので、<のんびりできるなあ>と思って作業のことはあまり考えていなかったので手袋を忘れてしまいました。山の井さんが買ってきてくれて助かりました。でも結局切れてしまって惣次さんに借りることになってしまいましたが。

a0079265_103867.jpg使ったニスは強力で、山井さんが買ってきてくれたビニールの手袋がぼろぼろになってしまいました。靴にもかかってしまって、足袋に履き替えなくて失敗しました。

  <なんかちがうかなあ、YMPの活動ってこういうことだっけ?お世話になっているコテージだからまあいいかな>
と思いつつも、作業に励みます。でも、コテージがきれいになって気持ちよかったです。もっとやりたかったな。途中までしかできなかったので、こころ残りです。短い時間で全部やるのは所詮無理なんですけどね。やり始めたら最後までやりたくなるものですね。

 ニスを塗りながら、
<YMPもっとなんとかならんかなあ。このままだとイベントもなくなるだろうし。一日だけにしたらどうかなあ。来たい人は土曜日からきてもいいよっていうほうがいいのじゃないだろうか。仕切るのがいつもみゅうさんばかりってのもなんか変だよな。たまには俺がやってもいいんだけどなあ>
なんて思いました。
 もう少しやり方変えたほうがいいかもしれないなあとは思っているのですけれどいい案が思い浮かびませんし、僕に変える権限はないしね。と書きつつも、次回ささやかな新たな試みを実行してしまおうと考えている私です。乞うご期待!今後僕が行くときには必ずやります。参加者が4人以上いれば。何をやるのかは参加者にしか教えませんよー。知りたい人は参加してください。

 今回は日帰りにしたので荷物が少なかったし、雨だから暇だろうと思って、篠笛を吹いてみようと思ってもって行きました。コテージに着いてお昼を食べたときに少し吹いて、夕食の前に少し吹きました。

 始めたころに比べると、音が出るようになっていて、うれしい。もっと息が続くようになって、譜面を見ないで吹けたらいいなあ。また持っていって練習しようと思います。今度は木々の中で吹いてみたい。今住んでいるところは住宅地で練習場所に困っています。貸しスタジオが30分500円で借りられるけれども、30分単位でしか借りられなくて足りません。毎日練習したいけど、できない。カラオケボックスでやっちゃおうかなーと思ったこともあるけれど、禁止なので気が引けて無理です。

 最近多摩川の橋の上で深夜何回か吹いてみたけど通行人がぱらぱら通るので気になっていけません。まあ、人の迷惑にならないので、その橋がいまのところ一番いいんだけど、あんまりそこで吹いていると「変わった奴が居るぞ」ってことで有名になってしまう恐れがあるので困りますしね。ははは。。。  
 ああ、和楽入れてくれないかなあ(ためしに書いてみただけです)。
次回も一日だけ参加の予定です。夜泊らせてもらって朝発ちます。花咲き村の田植えに参加予定です。

(文:真瀬裕介)

2006年5月14日

 雨80%予報の土・日。「取り止めなら連絡を!」と田辺さんにメールしてあったが、連絡のない所を見るともしかして・・・。  取りあえず行くだけは・・・と檜原へ。(私は日曜のみの参加) 行くと田辺・山井(やまのい)さんが事務所横の出来たて掲示板の枠を磨いていて、横にみゅうさんが・・・。

塩 「あれ、みゅうさん今日は用事があるのでは?」
石 「あ、それ土・日と思ってたら金・土だったから。今日は午前中だけやって帰る」
塩 「田辺さん、昨日(土)は 雨の中、山へ入られたんですか?」
田 「いや、山井さんと コテージ内のニス塗りしてたんだ。」

というやりとりの後、惣次さんからの指示もあり、道の修理を道刈りに変更。

a0079265_126100.jpg まずは鎌研ぎ。森のにおい、むんむんの中、雨で濡れて滑りやすい丸太の橋や石に気をつけながら田辺・山井組と石山・塩津組に分かれて鎌をふりふり上って行く。
 いつもより1ヶ月早い道刈りのせいか草木は道を覆う所まではいかないが道にへばりついている草を刈るのに苦労する。(物知りの友人によればその草は野蕗だと)
 途中でみゅうさんが抜け、私一人ぼちぼちと。ラショウモンカヅラをケータイで撮ったり 山菜のミズを摘んだりと森を楽しみながら刈り続ける。  お昼は合流点の大木のけやきが、分からず、別々に食事を取る。

a0079265_13119.jpg  午後は1時間半程作業して終了。帰りに田辺・山井組に会い、田辺さんが見に来て作業場所が違うよ、と指摘。その後私は道具をおいてある広場へ取りに行き、田辺さんは少し刈り残したところがあるとアジサイの広路へ。山の中に入ると大声を出してもうまく連絡が取れず結局3人バラバラにコテージへ。 田辺さんが「みんな、遊学の道の入り口の辺で待ってるのかと思ったら・・・。だめだよー(ぷんぷん)」
 誰もが山の中で通じるケータイを持っているわけではないので、山に入る時は前もって決め事を確認しておく必要があるな、と深く反省。
 鎌研ぎ、部屋片付けして終了。野村さんの売店で サラサドウダンを見つけて買う。

(文:塩津孝子)
[PR]
by YMP_Log | 2006-05-13 12:34 | 定例活動の報告
<< 遊学の道Project 200... 遊学の道Project 200... >>